2014/06/13

ラー博訪問

車中漫談Pです。
外出先でのお話を少しだけ記事に。

今日(木曜日)の大学終わりに、電車を乗り継いで新横浜のラーメン博物館に行ってきました。
神奈川県へ足を踏み入れるのは約3か月ぶりだったこともそうなのですが、新横浜を歩くこと自体が人生で初めてだったということもあり、新地を練り歩く期待感を持ちながら行きは移動していました。

6月12日 午後6時30分 JR新横浜駅
DSC_1119.jpg
大学を出てから、東急やらJRを乗り継いで横浜市港北区の新横浜駅へ。
そこで友人3人と合流して、ラーメン博物館へと向かいます。

午後6時50分 新横浜ラーメン博物館入口到着
DSC_1120.jpg
新横浜駅の北口から徒歩で10分くらい、ラーメン博物館の入り口に到着。
やや狭い道路が入り組む場所に位置しているので、初めて行く人は迷いそう?

DSC_1121.jpg
入館料310円を支払って館内へ。
館内は昭和30年代の街並みを再現したつくりとなっていて、数軒並ぶラーメン店では実際にラーメンを食すことができるようになっている(当然だがラーメンを食べる時は入館料とは別途に料金が発生する)

ラーメン実食 1杯目 かもめ食堂
DSC_1123.jpg
写真は店舗一押しの気仙沼ラーメン潮味 半熟煮玉子入り(930円)
こちらのかもめ食堂は、2006年4月まで宮城県気仙沼市に実際に存在した老舗食堂だったそうですが、後継者不在につき閉店、2011年に発生した東日本大震災の津波により店舗跡は流され消滅しました。
こちらで提供されているラーメンは、実際にかもめ食堂で提供されていたラーメンを店主が忠実に再現されたものです。
さて、味の方ですが―麺は細麺でありながらスープが絡んでその味がよく分かるようになっていました。
スープも、バランスのとれたテイスト(塩ラーメンって難しいらしいですね)になっていましたね。
尋ねる前から「ここだけは絶対行く」と決めていたお店だったということもあり、まさに大正解、だったと思います。

ラーメン実食 2杯目 すみれ
DSC_1128.jpg
もう一杯は、すみれのチャーシューメン、ちょっと贅沢な1130円
写真ではわかりにくいですが、スープは味噌テイストで、箸で持ち上げてみると麺がスープの色を吸って味噌だとより分からせる見た目になっています。
味は味噌の本来のよさと同時に、そこまでしつこくない味付けになっていました。
チャーシューも歯ごたえ抜群+味噌スープが染みて旨い。


胃袋の限界もあって、今回はこの2店舗しか回っていませんが、ラー博にはこの他に7店舗のラーメン店が出店しており、どれも厳選された店舗であることがよく分かります。
機会があればまた訪れてみたいものです。

今回はここまで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/13 08:54)

気仙沼市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/13 09:11)

横浜市港北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。