2014/04/15

資格修得までの壁は険しい

今日は普通の日記(というよりメモ書きに近い)を。
資格の話です。

大学生以上となると、TOEICですとか商業簿記検定など就職活動に有利であろう様々な資格をとろうと勉強する人たちが多いと思います。
自分も大学に入ってからいくつか検定はうけてみましたがどれも結果は高校生以下のレベル(
未だに履歴書に書けるような資格を持てていません。

その中で、中国語検定と言うものをこれまでに3回受けて(3回落ちて)いるのですが、徐々に成績は上がりつつあります。
実際に就職活動自体に資格としての影響はなくとも、国債かしつつある日本において一つや二つくらい外国語の読み機器ができることを証明できるモノはないとやっていけないだろうという自分なりの考えに基づいてやっています。

就活解禁まで残された期間はもう1年もありません。
それまでに何かしら資格をとれなければ面接の内容とコミュニケーション力で勝負するしかありませんし、かなり厳しい状況です。
このまま負け組となるか、ニートとなるか。
それは俺次第。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント