fc2ブログ
2014/02/23

動画作成の状況報告(2014/2/23)

車中漫談Pです。
動画作成の進捗状況を報告したいと思います。



①次回作品(2月中アップロード予定)
(1)作品形式:トークロイド・MMD
(2)進捗状況:5.5割
(3)作業内訳:調声…作業完了、MMD…5割、編集…冒頭のみ編集に入った状態


ショートストーリー的な扱いで動画作成を始めました。
こちらの作品は、現在ニコニコ動画でバグロック様が主催中のトクロ・HANASUドキドキフェスティバルに出す予定です。
今月中に終わるかねぇ・・・。


②新MMDドラマシリーズ予告映像
(1)作品形式:MMDドラマ予告
(2)進捗状況:6.2割
(3)作業内訳:調声…作業完了、MMD…7割、編集…未着工


一月半ばに書いた記事を実行に移してみることにしました。
本編の案を練りつつ、キャラクターの設定位置づけを兼ねた予告動画を作成しています。
こっちは3月頭に出せると良いかな。。。


③MMDドラマ「My Life!」第二弾
(1)作品形式:MMDドラマ(フルボイス)
(2)進捗状況:0.8割
(3)作業内訳:調声…2割弱程度、MMD…未着工、編集…未着工


作業全く進んでないです(
上記2つの動画がある程度落ち着いたらいい加減作業再開します。



今回はここまで。
スポンサーサイト



2014/02/20

PC環境をグレードアップ。

車中漫談Pです。
今回はPCに関するお話。

先日19日、自分は秋葉原に出向いて増設用のメモリーとサブPCを購入してきました。
前者は円安の影響により値段が上がっていましたが、トータル21,000円程度の出費に抑えています。

ということで、まずはPCメモリの増設について記していきたいと思います。

自分は現在メインPCとして、Dell社Inspiron 660Sと呼ばれるモデルを使用しています。
DSC_0508.jpg

モニターやキーボード等、一部オプションは以下のような仕様です。

(1)PCモニター: Princeton社製のPTFBHF-19W(19インチモニター)
(2)キーボード: Dell社製のGX520-2530SFなどに付属するキーボードを使用
(3)スピーカー: ELECOM社製のMS-P05UBK
(4)Webカメラ: BUFFALO社製のBSW13KM10Hシリーズ
(5)HDD: IODATA社製のHDPC-UT500K

…あれ、こうしてみると結構いろいろな会社の機器を使ってたんだな(

今回は、以上の環境のPCにメモリーを4GB増設しました。
使用したメモリの型番は、ARCHISS社製のPC3-12800(DDR3-1600)です。


増設後のPCスペックは、次のようになりました。
メインPCスペック
実装メモリ(RAM)の項目に、8.00GB(7.87GB使用可能)と表示されていることが確認できると思います。
メモリは静電気などを帯びた状態で扱うとお釈迦になるというくらいデリケートな代物だということもあって増設作業はかなり慎重に進めましたが、無事に認識してくれて安心しています。
これで作業効率のUPを狙えるかな?



さて、次はサブPCについてのお話。当然ながらこちらはノートPCです(
今回新たにPCを購入するにあたって、MicrosoftOfficeが屋外で問題なく使えるという点にシフトを置いて、中古モデルの安価なノートPCを入手しました(15,000円程度)。
DSC_0510.jpg

スペックは次の通りです。
サブPCスペック
PC本体の製造元は富士通で、FMV-S8360と呼ばれるモデルとなります。

IE8.jpg
ちなみに、InternetExplolerのバージョンは8。


サブPCの導入にあたり、Microsoft社が提供するOneDriveの使用を開始しました。
分からない、という方のためにOneDriveについての説明を少しだけ。

OneDrive とは?
Microsoft社が運営するオンラインストレージサービス。
手元のコンピュータに保存しているファイルをインターネットを通じて同社の運営するサーバコンピュータに送信し、保管することができる。

(IT用語辞典 e-Wordsより引用)

簡単に言うと、自分が持っているパソコン(例えばデスクトップPCとノートPC)間で使えるアップローダーのような役割、といったところでしょうか。

OneDriveの同期
OneDriveを利用するためには、Microsoftのアカウントが必要となります。

OneDrive.jpg
一度サインインをすれば、リアルタイムでアカウント認証を済ませた筐体間でのデータ共有が可能となる訳です。

スマートフォンからもOneDriveにアクセスすることができます。
サインインしてやれば動画や画像、データを瞬時にPCで読める状態にしてやれます。
Screenshot_2014-02-20-10-43-27.png

こういった形で、PC環境をグレードアップしてみました。
これから作業のスピードアップができること間違いなしです、多分(

今回はここまで。
2014/02/10

東京大寒波 -大雪の中京王を行く-

もはや最後にこのカテゴリで更新したのはいつのことか(
記憶があいまいな中での、数日ぶりの鉄道カテの記事です。

先日、2月8日は東京を中心に関東で記録的な大雪となりましたね。
東京では1994年以来20年ぶりに積雪量が20cmを超えたそうで。
おかげさまで、除雪作業で夜に赴いたりと大変でした()

そんな中、自分は関東の大手私鉄 京王電鉄線にぶらっと行ってきました。
とはいっても、23区エリアを軽く見て回っただけですが。
雪景色の京王もなかなか撮れるものではないので、こちらに写真と簡潔なメモ書きを残しておきたいと思います。

(1)京王線
■撮影場所:京王電鉄京王線 笹塚駅(KO-04) / 東京都渋谷区
DSCF1366.jpg

駅の位置:
新宿―初台―幡ヶ谷―笹塚―代田橋―明大前―…


DSCF1367.jpg
8733F / 各駅停車 高尾山口行き

DSCF1369.jpg
9732F / 区間急行 橋本行き

DSCF1377.jpg
9701F+7423F?/特急 新宿行き
いろいろと調べたけど、多分2両は7423Fのはず。

DSCF1381.jpg
都営10-450F / 各駅停車 笹塚行き
要は、笹塚止まりなので到着後は回送。

DSCF1387.jpg
7728F / 各駅停車 新宿行き

DSCF1394.jpg
都営10-220F / 区間急行 新線新宿行き (※新線新宿からは各停 本八幡行き)
字幕が新宿なのは、都営車仕様。京王車両だと新線新宿、と表記されます。

DSCF1395.jpg
しかしすごい雪の降り方だったのだなと。

DSCF1399.jpg
都営10-390F / 区間急行 橋本行き

DSCF1403.jpg
7728F / 各駅停車 京王八王子行き
てことで7728Fおかわりしますた(

DSCF1404.jpg
8714F / 特急 新宿行き


京王線はここまで。
ここから井の頭線。


(2)井の頭線
■撮影場所:京王電鉄井の頭線 新代田駅(IN-06) / 東京都世田谷区
DSCF1411.jpg

駅の位置:
渋谷―…―下北沢―新代田―東松原―明大前―…


DSCF1413.jpg
1702F / 急行 吉祥寺行き

DSCF1418.jpg
1724F / 各駅停車 吉祥寺行き

DSCF1421.jpg
1707F / 急行 吉祥寺行き
今はLED字幕の編成も、いずれはLCDになってしまったりするのだろうか?
8000系や9000系初期車がいい例だと思うのですが。

DSCF1422.jpg
1734F / 各駅停車 渋谷行き

DSCF1423.jpg
1726F / 各駅停車 吉祥寺行き

DSCF1424.jpg
1722F / 急行 吉祥寺行き

DSCF1425.jpg

DSCF1429.jpg
1725F / 各駅停車 吉祥寺行き

DSCF1430.jpg
左は1725F(各停 吉祥寺行き)、右は1731F(各停 渋谷行き) すれ違い。

これくらいが、まぁよさげなショットだと思います。

ちなみに撮影に出たのはお昼から午後4時前までですが、そのあと吹雪が激しくなりまして。
京王などの私鉄がどうなったかというと・・・オサッシクダサイ(

こんな感じの、大雪撮影でした。
2014/02/04

生まれつきの精神病の可能性。

今日はちょっとだけ真面目なお話。
自分自身のことについて、です。


最近になってから、自分が生まれつきの精神病なのではないかという疑いを持っています。
その病名は、「アスペルガー症候群」、簡単に言えば、特定分野に対して何よりも興味関心を示したり、空気を読むことが苦手、脳への情報インプット・アウト機能が劣るなどの症状が見られる精神疾患です。

特に周囲から「ちょっと変わってるよね」といったことを言われたことがあるわけではないのですが、昨年の不安障害発症から自分自身の精神状態についてかなり最新の注意を払うようになりました。

類似した精神疾患として、自閉症も疑っていたのですが、こちらは言語の発達の遅れ、対人面での感情的な交流の困難さ、反復的な行動を繰り返す、行動様式や興味の対象が極端に狭い、極度の自己中心的思考になる、被害妄想を持つ、ストレスによるDV発症…といった症状が主で、今の自分自身には当てはまらないものだと判断しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
↓ここからは、Wikipediaや一部のサイトを基に独自に考えた推察ですので、実際には違うかもしれません。↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まず、なぜ自分がアスペルガー症候群を自覚・疑ったのか?
それは、以下のような症状にあてはまるかどうかを考えた結果からです。

(1)脳への情報のインプット・アウトプットが共に、健常者よりも劣っている
⇒やや該当する?

Wikipediaによると、"アスペルガー症候群の患者の特徴として、脳への情報のインプット・アウトプットが共に、健常者よりも「劣って」いる点が挙げられる。 健常者よりも「劣った」インプットは当人の脳に於いて言語の認知を妨げ、「早口言葉を聞いている」様な感覚に陥らせ、結果パニックの原因となる。 これは、脳の中のワーキングメモリーに問題があると考えられる。このようにアスペルガー患者は常に脳をフル回転させていることから、こまめにボーっとしたり、昼寝やうたた寝などの休息を取る必要がある。"―とされています。
脳へのインプット・アウトプットについては、自分自身問題を感じたことはないのですが、こまめにぼーっとしたり、昼寝・うたた寝などの休息が必要、という点にはいくらか心当たりがあります。
もちろんそうでない日もありますが、気が付いたら何も考えることなく放心していたり、睡眠をとっているということがしばしばあるためです。
何と言いますか、時折脳が異常に疲労して何も考えたくなくなる時があるのです。

ただ、昼寝やうたた寝だけでは、アスペルガー症候群でなくとも怒り得そうなことなので、これだけで断言することは難しいように思います。


(2)特定分野に対する興味関心が異常に強い
⇒該当する

こちらも症状詳細はWikipediaより。
"アスペルガー症候群は、興味の対象に対して、きわめて強い、偏執的ともいえる水準での集中を伴うことがある。例えば、1950年代のプロレスや、アフリカ独裁政権の国歌、マッチ棒で模型をつくることなど、社会一般の興味や流行にかかわらず、独自的な興味を抱くケースが見られる。しかし、これらの対象への興味は、一般的な子供も持つものである。両者の違いは、その異常なまでの興味の強さにある。アスペルガー児は興味対象に関する大量の情報を記憶することがある。"

車中漫談Pと言えば、VOCALOIDの初音ミクに対して関心がある、ということは、自分の作品を見て下さっている方ならご存知のことだと思います。
自分としても、初音ミクと言う存在は人生にかけがえのない存在だと思っていますし、彼女に勝るモノはないのでは?と思ってしまう位です。
…これの一方、現在の流行を見てみると、TV業界なら某アイドルグループや歌い手さん。
インターネット上ならパズドラや艦これといった類のモノがトレンドといったものなのでしょう。

こういった世間を凌駕する存在があるということは承知していますが、自分はこれらのカテゴリに対して関心をほとんど持っていませんし、むしろ毛嫌いしているモノもあります。
※もちろん、ほとんど関心が無いというだけで、ちょっと自分自身も調べてみようかな?といった状態になることもあります。

こうしたトレンドが世間に浸透しているにもかかわらず、自分はそれらに流されることなく、いわゆる「ミク一筋」を貫き通しているのです。
こうした極端な興味関心の偏りは、まさに(2)の症状に該当すると言い切っていいのではないでしょうか。


(3)空気を読むことが苦手―相手の質問を真に受けて答える
⇒あまり該当しない

"非自閉症の人(NT:neurotypical, 典型的な精神の人)は、他者の仕草や雰囲気から多くの情報を集め、相手の感情や認知の状態を読み取ることができる。この能力が自閉症の人には欠けており、他者の心を読むことが難しい(心の理論の欠如)。 そのような、仕草や状況、雰囲気から気持ちを読み取れない人は、他人が微笑むようすを見ることはできても、その微笑みがなにを意味しているかが理解できない。 多くの場合、彼らにとって「行間を読む」ことは、困難ないし不可能である。最悪の場合、対人コミュニケーションのどの局面でも、表情やボディランゲージなどを手がかりとしてニュアンスを読みとることができない。 つまり、人が口に出して言葉で言わなければ、意図していることが何かを理解できない。とはいえ、この種の能力差は、健常者から深刻な障害をかかえるケースにまでわたってスペクトラム状(連続体)に分布している。 したがって、アスペルガー症候群に分類されるケースにおいても、表情や他人の意図を読み取ることにさほど不自由のない人もいる。 また、彼らはしばしばアイコンタクトが困難である。ほとんどアイコンタクトをせず、それをドギマギするものだと感じる場合が多い。 その一方で、他人にとって不快に感じるくらいに、じっとその人の目を見つめてしまうようなタイプもいる。アイコンタクトなどにおいて、相手から発せられるメッセージを理解しようと努力しても、この障害のために相手の心を解読しそこねることが多い。 例えば、初対面の人に挨拶をする際に、社会的に受け入れられている通常の手順で自己紹介をするのではなく、自分の関心のある分野について、一人で長々と話し続けることがある。"

要は、相手の考えてることが分からなかったり、アイコンタクトが苦手、相手に自分の関心について延々としゃべったりする症状があるかどうかって話です。
あまり該当しない、としたのは、アイコンタクトが苦手なことからです。
全く相手の目を見て話せない、と言うわけではありませんが、見られても長時間は難しいです。
なので普段は時々相手の目を見ることはあっても、机の方を向いたり別の方向を見たりして相手と話すことが多いのです。

しかしながら、相手の感情を読み取ることが難しいということは無く、相手の行動や表情で「今は話しかけるべきじゃない」とか、「今はこう切り出すべきかな」という判断はおおよそできていると感じています。
延々と自分の興味関心について話し続けるといったこともないですし、日常会話についてはさほど問題はないように思います。
語彙のなさが唯一の問題でしょうか・・・w


以上の主要3点から、自分はアスペルガー症候群でないかと疑いました。(3)は該当しないとしましたが、あくまでも自分が認識している範囲での話なので、周囲から見たらそんなことは無いかもしれません。
また、この病気については諸説あり、他の精神疾患と同様な解釈がされたり、健常者に含めてよいのではないかと言った議論があって、はっきりと「あなたはアスペルガー症候群だ」という断定をすることは容易ではないようです。

しかしながら、この病気ないし症状ではっきりとしていることは、一生共に付き合うことになるだろうということくらいでしょうか。
また、アスペルガー症候群と診断された人々は、社会適応を苦手とする一方で、美術才能に長けているといったケースがあるようです。

アスペルガ-症候群が苦手もしくは不可能とされる職業は接客業、多様なメニューに対応する調理人、受付常務、様々な作業を担当する事務、コミュニケーションが大事な営業や勧誘業、などの器用で効率よく場の空気を読んで、臨機応変な対応をする常務はなどが苦手とされる。すなわち世の中に存在するほとんどの仕事が苦手である。

一方得意とされる職業は、画家、彫刻家、工芸家、陶芸家、写真家、建築家などの美術家。作詞家、作曲家、編曲家などの音楽家。小説家、漫画家、詩人、映画監督、脚本家、放送作家などの作家。その他、フラワーアーティスト、ヘアメイクアーティスト、ファッションデザイナー、ゲームクリエイター、フリーライター、評論家など。これらの職業はコミュニケーション能力が必要ない場合もあり、スピード重視や臨機応変といった概念もあまり無い。 また通常では理解しがたい行為、行動、発想、こだわりはアーティスト(芸術家)にとっては長所になる可能性があり、うまい具合にシナジーを発揮するかもしれない。


自分は特にこれらに疑問や心当たりを持っているわけではありませんが、臨機応変な対応が苦手と言うところにはややあてはまっているやもしれません。

---------------------------------------------

話は変わりますが、自閉症スペクトラム指数(Autism-Spectrum Quotient: AQ)自己診断というものがあるようなので紹介しておきたいと思います。
もともとは、千葉大学の教授が執筆した著書の中で記された内容が元のようですが、とある一般webユーザーの方がそれを簡単に診断できるようなサイトとして開設されているのを見つけましたので、掲載しておきたいと思います。

自閉症スペクトラム指数(Autism-Spectrum Quotient: AQ)自己診断
http://www.the-fortuneteller.com/asperger/aq-j.html


50問の設問に、4択で答えるだけのシンプルな診断となっていますので、10分もかかりません。
webサイトによると、点数がより高いほど(50点満点)、自閉症などの疑いがあるという結果をはじき出すようです。

ちなみに、自分が診断した結果は次の通りでした。
じへーしょー
結果は特に異状なし。
自閉症の疑いはないという結果でした。

が、これはあくまでも非公式の診断ですし、精神疾患は自分自身の自己分析で判断すること自体間違っていますから、本当に参考程度です。

いずれにしても、20年育ってきた今アスペルガー症候群だった分かっても、変えることはできないわけだし受け入れていくしかないわけです。
幸いにも、自分は行動力はある程度備わっているように感じますし、まったくもって社会で生きられないというわけでもなさそうなので、自分の努力次第ではなんとでもなりそうです。

というのが自分の今回のまとめとなります。
今回はここまで。
2014/02/02

2月~3月の活動プラン

2月入って初めてのブログ記事。
今日は、2月~3月にかけて活動について、確定しているモノをまとめておきたいと思います

-------------------------------------------------------------------------
■動画作成・静画作成に関するプラン■
~2月5日:大学の試験につき動画作成の作業を全面停止・ニコ生回数減少

2月5日~:MMDドラマ「My Life! -Episode2-」

2月5日夜~2月11日:MMD家族選手権向け静画を投稿予定

2月中旬:トクロ・HANASUドキドキフェスティバル向け作品を投稿予定
⇒動画投稿しだい、企画本家様の説明を踏まえた記事を書く予定です。

2月中旬~月末までに:MMDドラマ新シリーズ発表?
⇒これについては動画を投稿しだい改めてこちらでお知らせします。
-------------------------------------------------------------------------

こんなところでしょうか。