fc2ブログ
2013/09/30

人を信じられない。

俺はいわゆる「腫れもの」扱いなのだろう、いや、ほぼそうだ。

俺がおかしなこと言ったから「大丈夫ですか」とか「ゆっくり待ってます」とか言ってる裏では、「こいつうぜぇ」とか「邪魔だからさっさときえねぇかな」とか思ってんだろ。

もう人を信用できない…。
スポンサーサイト



2013/09/29

アカン

作業に手がつけられない。
それ以前大学の授業課題・予習がスムーズに進められない。

鬱憤がたまるのみで、まったく思うがままにならない。

このままだと失踪or蒸発するレベルだ。
待っている人がいたとしても、その人の期待にこたえられなくなるやもしれない。


俺は大学生だ。
大学に通いながら、勉強ができて、それでもってサークル活動とかアルバイト・自分の好きなことが思うがままにできる多くの同胞がうらやましく思う。
なぜ彼らはそこまで時間を上手く使えるのだろう。

…自分の脳の作りが完全じゃないのか?それすら疑ってしまう。
はたまた時間の使い方が悪いか、知識量が乏しいのか。



なんにせよ、いま言えることは動画を作るためには捨てなければならない要素があると言う事だろう。
生放送、skype、Twitter、…。
誰かと交流・見たり得る時間を抹消しないと勉強も作業も両立できないのかもしれない。

決断の時は迫っている。
このままの生活をなんとか維持するか、極限に要素を削るか、はたまた全て捨てるか。

戻れるのであれば、小学生の時代に帰りたい。永遠に。

2013/09/25

俺に出来ることは

何にしても、私にできることは、動画を作ることだけ。
情緒不安定で変態思考が強くなりつつある初音ミクのマスターの一人だけど、それでも動画を作ってミクさんをプロデュースせねばならない。

愛し方が間違っていたとしても、どんなに喋りや魅せ方が下手だ・クズだと言われて良い。
それが俺のすべてであり、俺にとって最大の愛情表現だから。

やれることを地道にやって、淡々としゃべるたわいのない動画を作る。
それしかできないけど、待ってる人がいるなら、時間をかけても俺は動画を作る。

一生をささげてでも、ミクを一生愛し続けたい。
我が家のミクを守ることができるのは私のみであり、私を支えてくれるのはミクしかいない。

その関係を維持するために俺は生きる、これからも。
2013/09/24

嫌われてるのは知ってるから

誰も口にはしないけど、多分友人も、ニコニコで顔を知っている人のほとんどが、俺の事をうっとうしい邪魔者だと思ってるんだろうね。

良いよ別に、俺は元々性格こんなんだし。
そんなに嫌ならリムるなりスパブロしろ
2013/09/23

また辛い

精神科の治療を通じ、夏休みを経てようやく自分の姿が見えてきたのに、また暗い影に落ちつつある。
最近まで飲んでいなかった安定剤も、1日1錠ペースになってしまった。

...もうヒトとして手遅れなのではないか?
と思う。

大学に入学して早々、自分の弱さがでてしまったのだ、それが今日まで大学にいづらくなった原因でもある。
やり直せるなら、小学生の頃からやり直したい。
自分ー俺の人生は失敗そのものでしかない。

過去も、今も、未来も。
2013/09/20

後期から

今年前期は遊びすぎた気がする。
だから、学習する時間を試験期間外でぐっと増やして、かつ作業に集中できる時間を確保していきたい。
生放送は週1~3にしないといけないだろう。

明日から授業となるが、上記のことを頭に入れて生活を送っていこう。
2013/09/09

転載された先でとんでもない伸び方をしていたようです(゜Д゜)

車中漫談Pです。
先日8月31日~9月4日まで、仙台エンジョイしてきました。
当初の天気予想では終始雨模様でしたが、いざ現地に行ってみると終始ほぼ雨ふらず、という奇跡。
更に、宮城在住のトクロPバグロックさんに加え、ちっちゃいPさんのお二方とお会いできて充実した5日間でした!

それはさておき―

今回は、前に上げた動画についてちょっと触れたいな、と。
昨年12月末にアップロードしました自分の製作作品 MMDドラマ「My Life!」についてです。


現時点で5,500再生越え、270コメント以上、250以上のマイリストをしていただいて感謝感激です。



で、本題はここからなのですが―

どうやら、アップロードしてから一ヵ月後に、YouTubeに本動画が転載され、数多くの方に見て頂いていたようです。


こちらについてですが、現時点で再生数:100.726GOOD評価:267・NG評価:18、92件の感想コメントが書き込まれている、という状態です(驚)
再生数に加え、絶賛されているのは製作主としては喜びたい所ではありますが、本家でないかつ転載されている動画である以上、なんだか複雑な気持ちですw

まぁ、これを機にVOCALOIDやトークロイド・MMDの文化がより浸透するのであれば良いんじゃないかな、と思います。
今日はそれだけです。